宇宙は何色 tefutefu38

日々の暮らしの中で

おからケーキ

七月から

あまりに暑すぎて

 

このままでは、甘いものと疲労の 

スパイラルにはまり込んでしまう!

と、危険を感じ

 

小麦粉断ちをしてました。

 

完全ではなく、

天ぷらや二八蕎麦は良しとしましょう♥️

といった感じですが

 

粉物好きの私にとっては、

なかなかシビアでした。

 

ケーキやパンの代用として

重宝していたのが、おからケーキです。

 

おから粉に蕎麦粉や米粉を混ぜた基本に

気分で、ココアやドライフルーツなどを入れて

作ります。抹茶、木ノ実も good!

 

混ぜるものによってバリエーションが効くので

飽きずに続けることができました。

 

ところが、九月に入りテレビ番組で

おから粉が痩せる❣️と特集があったらしく

どこも売り切れ状態に。

 

しばらくは我慢していたのですが

その分小麦粉製品を取るようになり。。。

 

これではいけない、と

生おからを使って作ってみました。

 

おから粉より見た目はボソボソですが

味や舌ざわりは結構しっとりしていていけます。

f:id:tefutefu38:20180920201725j:image

 

材料  

生おから粉  蕎麦粉  米粉   紅茶葉   林檎  

ココナッツオイル、ココナッツシュガー

豆乳  卵

 

 

それにしても、テレビ効果って凄いです。

近隣のスーパーから商品がなくなるんですから。(๑>◡<๑)

         

 

時間の共有

先日BBSHの友人の奥様が亡くなられたので、

手を合わせに行った。

 

亡くなられた奥様は、フラワーエッセンスの普及に尽力された方で、

心密かに時間ができたら習いに行きたい、

いざとなったらエッセンスについて訊ねることができる、

と頼りにしていた方だったので

突然の訃報にとてもびっくりした。

 

と同時にフラワーエッセンスについて

数回しか喋ってないのに

彼女の事を好きだったのに気がついた。

 

友人の奥様だったので、

そのうちご一緒する機会もあるだろう、

とそのままになっていたのだ。

 

友人から奥様とのお話などを聞きながら、

直接そんなお話を聞く時間を

持たなかったことが悔やまれた。

 

と同時に、BBSHでの同級生との何気ない

食事やお喋りが懐かしく思い出された。

 

あの頃はそれが当たり前の事だったのに

今ではとても遠く、その何気ない時間が

奇跡のように思える。

 

卒業して7年。

それぞれがそれぞれの場所にいて

 

他愛ない時間を共有するタイミングが

なかなかもてない。

 

何気ない日常の時間を誰かと共有出来る事は

特別でギフトなのかもしれない。

そう思う。

 

f:id:tefutefu38:20180906171228j:image

沖永良部島さん フェイスブックより

 

哀しみと怒り

自身への尊重として

ちゃんと怒りを感じられていますか?

 

もちろん、大人ですので相手に

直接ぶっけるのはまた違うもんだいです。

 

日本には文化の質として

怒りを哀しみとして感じる回路が

あるようです。

 

特にそれは南の方に強い。

 

多分台風や太陽の強烈さに抗って

怒るより、自然の懐に抱かれている事で

うまく自然と折り合っていく

 

大地に養ってもらう

知恵の一つとも言えるでしょう

 

が、ここは個人化していく時に

自身で明確化してないと

 

知らず知らずのうちに、

怒るべきところで哀しくなって、

怒りのエネルギーを失いかねません

 

火のエネルギーに水をかけて

消火してしまうからです。

 

感情に良い悪いはありません。

それはあなたの生命力エネルギーです。

 

泣けると・涙が出ればいいですが、出ないと

それは曇りとなりフィールドに停滞します。

悪くすると鬱になります。

 

 

折しも空を見上げたら火星が大接近中

せっかくなので、火星のエネルギーを使って

ちゃんと怒りを感じる練習をしてみませんか?

 

そしてもう一つ大事なこと

感情は大切なエネルギーだけど

嘘をつきます。既に条件付けされています。

 

感情をしっかり感じてその奥に

何があるのかに気がつく事が大事です。

 

f:id:tefutefu38:20180803005530j:image

 

 

 

信じるものは救われる

 

有名な聖書の一節

エスを信じるものは救われるの

エスが省かれ一人歩きしていますが

 

日本においては、

そんなん信じてるの?おめでたいという

宗教や信念を持つ人に対して、揶揄する気持ちも含まれ

使われる事があります。

 

先日レクチャーを職場の待ち時間に読んでたら

「何読んでるの?宗教?」

と仲間に軽ーい調子で声をかけられました。

 

マジギレ 

腹から  「そんな事いわれるとマジでキレますよ〜」

と、言ってしまいました。

 

さぞかし仲間は不愉快だったと思います。

ごめんなさい。

 

私の中で、宗教といわれ勝手に侮蔑されたと感じた訳です。

つまり、私の中にも上記の概念がある  笑

 

そこを認め

その日から信念と信仰について

自分の中にある概念を探求、

再検討をしていていました。

 

その一連の作業の中

この信じるものは救われるという言葉が

代表的な言葉としてでてきたので

つらつら見ていたのです。

 

 

信じたくても信じきれないのが人間、

その人間が信じるというのは

人間のエゴにとって

難しい行為だと気がつきました。

 

だから逆におめでたいと揶揄されるのだと。

 

 

この言葉にはなるほどそういう側面があったのだ、と思いました。

 

f:id:tefutefu38:20180730143530j:image

 

朝の日課

朝の日課として

瞑想とお祈り を始めて

一年半になります。

 

今年に入ってから、そこに

パスワークレクチャーの音読が

加わりました。

 

きっかけは

お経も開祖の言葉だったり、

仏典を読むので

 

ならレクチャーも音読すると

いいのでは?とふと思ったこと。

 

思いついたままで

実行はしてなかったのですが

 

バイト先のセラピスト仲間が

「これ宣言するね」と言ってたいた

言葉の力に

 

音にするとやっぱり違うなと

決心して、始めました。

 

結果

音読は声にして響きになるので

黙読とはまた違った

力があるようです。

 

フィールドに響きが積もっていく

世界を満たしていく、そんな感じがします。

 

唱えた南無阿弥陀仏の念仏が

仏となる様子を表した

空也上人像を思い出します。

 

そういえば、はじめに言葉ありき

とも言われてますね。

 

f:id:tefutefu38:20180706014131j:image

 

ちなみに

お祈りは、平和への祈りと

曹洞宗にもとづいた 

朝の読経です。

 

月光

窓から覗く  

月の光に

 

無垢清浄光

(むーくーしょうじょうこう)

慧日破諸闇

(えーにちはーしょあん)

 

観音経の一節が浮かぶ

好きな下りだ。

 

変えられる事

変えられない事

 

叶う事 叶わない事

 

自力と他力

彼岸と此岸

 

その間にある

一筋の光が

 

私の胸を照らす

 

そんな事を想う

エゴのささやき 2

本日  快晴

春だなぁ

 

2月末日に勉強会で使うレクチャーを選んで

計画草案を書きファシリテーターに提出。

 

その後から何やら

重苦しくなって、やる気が出ない

 

つい先日まで勉強会をやると決めて

幸福を感じていたのに。

 

子供の意識が努力するのは嫌だ、と

この期に及んでストライキらしい・・・

 

子供のエゴは、コツコツやることが嫌い

楽したい、そして

楽しいことだけしていたい

 

大人のエゴ、アダルトエゴは

やりたい事を現実化していくには

 

やりたくない事もやらなければ

先に進まない事を知っている

 

子供の意識を無いものにするのでなく、

言っている事に耳を傾けながら

その声に負けないように

 

手を繋いで

コツコツやっていく。

 

内なる自分を拠り所にして

自分の足で立つ

 

そのトレーニングが勉強会の

私自身のテーマのひとつだと思う。

 

f:id:tefutefu38:20180303013428j:image